家の雨漏りを放置すると健康を害する危険性がある

雨漏りはその家に住んでいる人が気がついたときには、もうすでにかなり重症になってしまっている事が少なくありません。
また、おなじ雨漏りでも、風の向きによって雨が吹き込んだときだけ雨が染み込んでくるようなケースもあります。
大切なのは家の中に雨漏りが起こっているのを発見したら、すぐにも信頼できる業者に調査を依頼して修理などの対策をとることです。

雨漏りが起こっている状態は、雨の侵入場所から水が実際に滴り落ちている場所までの範囲を長い間湿らせている状態なので、たとえ雨がやんだ後でも湿気がこもりがちになり、柱や梁などのように家を支える重要な役割を担う部分を腐らせてしまう可能性があります。

wikipediaの詳細情報を掲載しています。

雨が入り込んで漏れてしまっている部分を何の対策もとらずに放置しておく事で、家の躯体部分がくさってしまうと、結局はかなり大規模な修理が必要になることも考えられます。そして無視できないのが健康への被害です。

部屋の中で見た目にはわからなくても雨が長い間侵入していた事で、壁の内部や天井裏などにカビが発生し、住んでいる人に重篤な健康被害を与える可能性もあります。


特に幼い子供や抵抗力の落ちたお年寄りなどはカビ菌の浮遊した室内に生活する事で、呼吸によって体内にカビを吸い込んで喘息や肺炎などの病気を引き起こす原因になることも考えられます。



家の中が健康に暮らすことの出来ない空間になってしまう前に、雨漏りを見つけた場合は一刻も早く対策をとることが重要です。