家で雨漏りが発生してしまったら

家で雨漏りが発生してしまったら、工務店に連絡をしましょう。

雨漏りの修理の知識が一目瞭然です。

工務店に連絡をしたときに、応急的な対処法を教えてもらえると心強いです。
言い換えれば、応急的な対処法を教えてもらえない場合は、別な工務店に連絡しても良いと判断できます。



新築したときの工務店は、基本的に定期メンテナンスを行ってくれるので、雨漏りへの対処もスムーズです。


新築したときの工務店と連絡が取れない場合は、無料見積りの範囲内で複数の工務店に連絡するのも良い方法です。

毎日新聞を知りたいならこちらです。

家の雨漏りは、さまざまな場所を傷めてしまいます。


室内に落ちてくる水は、バケツやペットボトルを利用して溜められますが、壁の内部や天井裏への対処は困難です。

工務店に訪問してもらえるときは、原因が何かを推測してもらいましょう。
複数の原因の場合が多いからです。


実際に屋根や外壁を調査してからでないと、原因を特定するのは困難です。家の中にいても、水の流れる音を聞き取れると、流れている場所や方向が分かります。想像とは別の場所に原因が推測される場合もあります。

雨が降っていない日でないと、家の外は調査も修理も困難です。雨が降っている日でも、家の中は調査できます。水の流れ落ちてくるスピードが一定であれば、ダイレクトに雨漏りしている可能性が高いですし、スピードが不安定で水が落ちたり止まったりするときは、天井裏や壁の内部に水の溜まる場所があるかもしれません。


天井裏や壁の内部を推測できる工務店は、複数の原因の可能性があっても、しっかりと原因を解明してくれます。